弦楽器メルマガ
BG Newsletters 配信中!
BG Newsletters に登録する登録する

日曜・月曜定休
Closed on Sundays & Mondays

10:30~18:30

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

弦楽器・弓を探す

SEARCH
  • 種別
  • カテゴリー
  • 製作地
  • メーカー
  • 価格帯

Keyword 空欄可

空欄可
589

Violin Bow

Mirecourt / France
ca1936
Modern French

Mirecourt / France
ca1936
Modern French

サイズ:
4/4
価格:
¥2,000,000~¥2,999,999

小売価格/価格帯は税込価格です。

ライブ試奏についてはこちらをお読みください。
この商品についてのお問合せはこちら

音色を聴く:
ラベル・スタンプ:
G.CONE & FILS A LYON
鑑定書:
Bernard Millant
特徴:

エミール・オーギュスト・ウーシャは、13歳の頃から、父フランソワとともにクニョ=ユーリーの工房で働きながら弓製作を学びました。1923年に父が独立し、ウーシャ工房を構えると自身もそこで働くようになりました。オーギュストの作る弓は良質で、1930年代にはその技術もベテランの域に達し、作品はより洗練されたデザインへと変化しました。この時期の作品は、曲線が美しいヘッド形状や、ヒル式のフロッグ(スティックの底面に溝を掘り、フロッグのかみ合わせを安定させるスタイル)で製作されました。 1937年に父親から工房を継いだものの、経営権を巡って関係が悪化したため、翌年に工房を去り、パリで独立。1946年に渡米しニューヨークでしばらく活動した後、シカゴの弦楽器商William Lewis & Sonで働きました。1951年には再びニューヨークへ戻り9年間過ごした後、1960年にパリへ帰り晩年を迎えました。
オーギュスト・ウーシャの弓は、「次世代のサルトリー」と称賛されるほど、優れた操作性と明るい音色を備えており、現在は世界的にも人気の名弓の一つにかぞえられています。


音色を聴く


VIOLIN FORUM VOL.3
あなたが選ぶ"美音"ヴァイオリン・グランプリ第4回 エントリー作品
投票受付 〜2022/03/15まで
https://www.bunkyo-gakki.com/stories/oshirase/bion_grandprix4
弓形状:
Round
フロッグ:
Silver & Ebony