■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

スタッフ

窪田 陽平 くぼた ようへい
営業部長
早稲田大学卒。2006年文京楽器に入社。幼少より管楽器の演奏に親しむ。大学時代、ワセオケ(早稲田大学交響楽団)への入団をきっかけとしてチェロを始める。オールドバイオリンの芸術的な美観と歴史背景に強く惹かれ、弦楽器専門商の道を志す。現在は、国内営業および海外出張業務で活躍中。

弦楽器は演奏道具としての素晴らしさに加えて、西洋では古くから芸術品としての価値も大切にされております。学部で専攻していた美術史とも通ずるところがあり、この世界の奥深さに興味を持ったことが入社のきっかけです。演奏を楽しむ皆様、楽器の持つ魅力を知りたいお客様など、あらゆる方にご満足いただけるように丁寧な仕事を心がけております!

鈴木 弥生 すずき やよい
営業課長
2008年文京楽器に入社。幼少より広く楽器演奏に親しむ。東京コンセルヴァトアール尚美研究科卒ではサックスを専攻。卒業後、学校販売を中心に楽器営業全般を経験し文京楽器へ。幅広い人脈を活かし、外回りを中心に営業活動を展開中。

コミュニケーションを深めることをモットーに仕事をしています。楽器の販売を通じて、お客様と末長いお付き合いができれば幸いです。幼少の頃から様々な楽器を演奏してきた経験を活かして、いろいろな音楽談議に花を咲かせましょう!ご来店お待ちしております。

佐久間 寛文 さくま ひろふみ
営業
2018年文京楽器に入社。東京コンセルヴァトワール尚美音楽専門学校にて作曲を学ぶ。幼少の頃よりチェロに親しむ。数々の営業経験を積み、日本の弦楽器ブランドをより多くの人々へ届けたいという想いの下、文京楽器へ。主に自社ブランド楽器弓の卸販売に従事する。

プロ・チェリストだった父の影響もあり、幼少期から音楽と楽器に囲まれて育ちました。「弦楽器が大好きだ!」という熱い思いを胸に、お客様に最高の一挺をご紹介いたします!ぜひご来店ください。

髙木 彬矢 たかぎ あきや
営業・バイオリンアドバイザー
東京音楽大学卒。2019年文京楽器に入社。4歳よりバイオリンを始め、これまでに大阪国際コンクールをはじめ、数々のコンクールで入賞。大学在学時にはウィーン国立音楽大学マスタークラスを受講費全額免除で受講しディプロマ取得。これまでに、清水高師、木野雅之などに師事。主に店舗での小売を担当している。

これまで培ってきた演奏者としての視点から、演奏家を目指す方や、バイオリンを始めようと思っている方へ最大限のサポートをしたいと思っています。是非お気軽にご来店ください。お待ちしております!

川村 真未 かわむら まみ
接客主任・ショールーム
北海道教育大学卒。2018年より文京楽器へ入社。幼少の頃より音楽や舞踊などの表現活動に親しむ。大学時代に日本の民俗芸能を題材とする身体表現を学んだ後、劇団や写真館勤務を経て文京楽器へ。趣味でコンサートやライブを聞きに行ったり、セッションイベントで歌を歌ったり、音楽を楽しむ。

みなさまがショールームで気持ちよく過ごしていただけるよう、レッスンやコンサートなど、音楽を味わう素敵なイベントでお迎えします。お越しの際は、お気軽にお声がけください!

小泉 優衣 こいずみ ゆい
管理主任・ショールーム
立教大学卒。2010年文京楽器に入社。幼少よりピアノなど音楽に親しみ、中学時代にビオラを始める。以来、高校・大学を通してオーケストラ活動に勤しむ。現在でもアマチュア・オーケストラで積極的に活動する。

長年続けてきたオーケストラで、弦楽器を演奏する楽しさを知りました。お客様が安心して気持ちよく演奏できる環境づくりのお手伝いをさせていただきます。ビオラが好きな方も大歓迎です!

岡本 智司郎 おかもと ともじろう
工房長
ESPおよびシカゴ・バイオリン製作学校卒。シカゴではチューホー・リー氏の指導を3年半受ける。2003年文京楽器に入社し、修理・修復の技術を習得。現在は修理工房チーフとして、歴史的価値のあるオールド名器の修復や微細なプレイヤーの調整を担当している。

様々な楽器の修復・修理を通して培ったこれまでの経験を生かして、この世に2本と同じものが存在しない大切な愛器を末永くお使い頂けるよう、長期的な視野でメンテナンスや修理・修復を提案していきたいと思います。是非気軽にご相談ください!

齋藤 司 さいとう つかさ
工房
文京楽器在籍25年以上のキャリアを持つベテラン職人。自社ブランドバイオリン・ピグマリウスを製作する一方、オールドからモダンに至るまでアンティーク楽器の修復を行っている。

新作楽器の製作だけでなく、そこで得た技能を生かして、アンティーク楽器の修復も行っています。長い間の演奏で消耗してしまった楽器など、技術の粋を結集して元通りにします。是非ご相談下さい。

林 美智子 はやし みちこ
工房
2018年文京楽器に入社。都内工房に弟子入りし、6年間製作及び修理技術を実践で学ぶ。世界をしるべく、ドイツ、オランダ、スイス、アメリカなどの工房で短期インターンを経験。現在は毛替え、修理、メンテナンス全般を担当している。

弦楽器を介しての新しい出会いとその弦楽器と向きあう仕事に、とてもやりがいとモチベーションを持って仕事をしています。お客様がご自身の楽器を、いつでも楽しく演奏できるようお手伝いができればと思います。ご来店、お待ちしております。

庄司 勝昭 しょうじ かつあき
工房
日本大学卒。2019年文京楽器に入社。幼少よりバイオリンの演奏に親しむ。大学時代、ニチオケ(日本大学管弦楽団)へ入団し、オーケストラ演奏の魅力に目覚める。学外でもアマチュア・オーケストラにて活動し、コンサートマスターを務める。現在は工房にて弓毛替え・楽器修理を担当。

大学時代はオーケストラ活動に励むとともに、蛍光物質について研究しておりました。大好きなバイオリンについてもっと知りたくなり、現在は工房にて楽器・弓の修理に携わっています。これからもすべてのプレーヤーの方々に弦楽器の素晴らしさを伝えていきたいと思います。

吉田 朗子 よしだ あきこ
工房
代官山音楽院を卒業後、渡伊。クレモナ国際弦楽器製作学校を卒業の後にアカデミア・クレモネーシス楽弓製作コースを修了、その他にクレモナ市内のMassimo Ardoli氏の工房やSlaviero工房にて楽器製作・楽弓修理を学ぶ。2019年に日本に帰国、文京楽器に入社。現在は修理やメンテナンスを中心に担当。

幼い頃よりバイオリンを習い、高校では管弦楽部に所属し、演奏の楽しさを知りました。技術者として、皆さまにとって宝物である楽器を心地良く弾き続けていただくお手伝いが出来ればと思います。

山下 みお やました みお
弦楽器製作
代官山音楽院を卒業し、2016年文京楽器に入社。毛替えやメンテナンスを担当するとともに、オリジナルバイオリンの製作スタッフとして研鑽を積んでいる。趣味でアマチュアオーケストラにてバイオリン演奏も嗜む。

自らの手で最高の楽器を生み出し、皆さまの手に届けることがわたしの大きな目標です。現在は修理技術も学んでいます。製作のこと、修理のこと、何でもお気軽にご相談ください!

吉田 小百合 よしだ さゆり
弦楽器製作
東京都立工芸高校インテリア科を卒業し、2018年文京楽器に入社。主にオリジナルバイオリンの製作に従事する。5歳よりバイオリンを始め、ジュニアオーケスオラでコンサート・ミストレスを経験。

小さな頃からバイオリンを習い、今でも演奏しています。そんな経験を活かし、プレーヤーの皆さまに喜んでもらえる素晴らしい楽器を作りたいという想いの下、日々製作技術を磨き、研究を続けています。

山本 佳奈 やまもと かな
営業・弦楽器サポーター
2010年文京楽器に入社。スズキ・メソード京都支部にて幼少よりバイオリン・ビオラに親しむ。同支部の合奏団「コンチェルティーノ・ディ・キョウト」に12年間所属。7年間コンサート・ミストレスを務めるとともに後輩の指導にあたる。現在は一音寺室内合奏団に所属。

小さな頃からバイオリンを、15歳からビオラを習いました。今でも合奏団に所属して演奏を楽しんでいます。そんな経験を活かして、プレイヤーの目線から弦楽器の魅力や演奏の喜びをお伝えできればと思っております。ぜひお気軽にご来店ください!