弦楽器メルマガ
BG Newsletters 配信中!
BG Newsletters に登録する登録する

■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

楽器・弓の辞典

SEARCH

半角英数字のみ/空欄可

Pierre Gaggini

Violin Maker  1903-2006
NiceFrance

ピエール・ガッジーニは叔父にあたるイタリア人製作者、アルベルト・ブランキのもとで弦楽器製作を学んだ。1924年から3年間、パリにて軍役に従事していた際、製作者ルイ・ビロテと仕事をともにしていた。 1927年にニースへ帰国、ふたたびブランキのもとで働いたのち、1934年に独立した。

1934年から1942年にかけての作品はブランキの影響が良く表れており、なで肩で丸みのあるアウトラインが特徴的である。 1942年以降は、よりオリジナリティあるモデルへ変化し、やや四角張ったアウトラインを持つ大型モデルを用いた。

1982年の時点で、バイオリン380挺、ビオラ50挺、チェロ26挺とポシェットバイオリン4挺ほどの作品が作られたとされる。 1949年のハーグではカルテット作品での受賞、ベルギーのリエージュコンクールでは金賞を受賞するなど、数々の製作コンクールでの受賞経験を有した。