弦楽器メルマガ
BG Newsletters 配信中!
BG Newsletters に登録する登録する

日曜・月曜定休
Closed on Sundays & Mondays

10:30~18:30

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

弦楽器・弓を探す

SEARCH
  • 種別
  • カテゴリー
  • 製作地
  • メーカー
  • 価格帯

Keyword 空欄可

空欄可
831

Violin Bow

Paris / France
ca.1865
Modern French

Paris / France
ca.1865
Modern French

サイズ:
4/4
価格:
ASK

小売価格/価格帯は税込価格です。

ライブ試奏についてはこちらをお読みください。
この商品についてのお問合せはこちら

ラベル・スタンプ:
J.B.Vuillaume
鑑定書:
Pierre Guillaume
弓形状:
Round
フロッグ:
Gold & Tortoiseshell
詳細情報を表示▼
フランソワ・ニコラ・ヴォワランはミルクールにて製作技術を学んだ。1855年には彼の従兄弟であるJ.B.ヴィヨームの下で働くためにパリへ移った。ヴィヨームの工房では優れたぺカット派の製作者と交流するに機会に恵まれたが、彼が最も影響を受けたのはピエール・シモンとJ.B.ヴィヨームからであった。当時ヴィヨームのマイクロ写真をフロッグのパールアイ部分に施したピクチャー・ボウ(Picture bow)のほとんどはヴォワランによる作である。
 
1870年には自身の工房を構え、自身のモデルを徐々に変化させていった。フロッグはヴィヨーム・スタイルを維持しつつ、ヘッドをさらに薄くし、製作期間を通して洗練させていった。彼の革新は、角張った力強いぺカット派から、19世紀後半に掛けた女性的な繊細さを持つヴィヨーム派への遷移を普及させたところにある。