■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

楽器・弓の辞典

SEARCH

半角英数字のみ/空欄可

Joseph Alfred Lamy 'pere'

Bow Maker  1850-1919
Paris, MirecourtSeveral

ジョゼフ・アルフレッド・ラミーは、ヴィヨームやヴォアランの影響が大きかったであろうC.C.N.ウソンの下で修業した。その8年間でJ.ヴォアランと親交を持ち、1876年にはその兄であるF.N.ヴォアランの下でアシスタントとして働き始めた。1885年にF.N.ヴォアランが亡くなると独立し工房を構え、ヴィヨーム・スタイルを基に、ヴォアランの作風を帯びたモデルを採用し製作を行った。当時の弓は、精工なシャンファーを持つ非常に薄いヘッドと、綺麗に丸みを帯びたスロートを持つ短めのフロッグなど、F.N.ヴォアランの特徴が見て取れる。彼の評判は直ぐに広がり、若き日のE.サルトリが彼の工房にて働き、そのスタイルと技術を観察し、強く影響を受けたとして知られている。
 
彼の初期・中期に於ける作品は非常に繊細で美しく、後期に向けて徐々に力強くなる。パリの主要なバイオリン工房からの注文を受け供給していた当時の多くの製作者とは異なり、彼は息子のヒッポリー・カミーユとジョルジ・レオンの助けを借りることで独立を保つことができた。
 
ジョルジ・レオンは戦死したが、ヒッポリー・カミーユは製作を続け、父親を助けた。1919年に父親が亡くなった後も「A.Lamy a Paris」スタンプの弓を作り続けた。