■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

多くの演奏家に支持いただく文京楽器の毛替え


毛替えは最も身近なメンテナンス作業です。しかしながら、作業者の技術レベルによって結果に大きな差が生じてしまうという側面も持っています。文京楽器ではひとつひとつの作業工程に最高品質の毛替えを提供するためのこだわりを持ち、一流演奏家の厳しい要求に応えています。オリジナルを大事にする修理ポリシーのもと、お客様の大切な弓にダメージを与えないよう、細部にいたるまで十分な注意を払って毛替えを行います。誤って傷を付けたり破損させたりしないことはもちろんのこと、お客様の目に触れない部分にも一切の妥協を排して作業を行います。

また、毛替えを単なるメンテナンス作業としては捉えず、お客さまとのコミュニケーションの機会と考えています。 スムースさ重視、引っ掛かり重視、バランス重視など、どうぞお気軽にご要望をお申し付けください。お客様にとって最高の弾き心地となるように、音量や音色のご希望を伺いながら、毛の質・量・張り方などをイメージしつつ作業を行います。

文京楽器の毛替えを継続してご利用いただければ、対話の内容も深まり、一層ご満足していただける毛替えができるものと確信しております。また、弓の状態チェックやお客様へのアドバイス・ご提案等も行っております。弊社の毛替えを弓の健康診断の場としてご活用頂ければ幸いです。


ご予約


事前にご予約頂きますと、お預かりから1時間でのお渡しが可能です。

お電話またはネット予約にてお気軽にお申し付けください。

(株)文京楽器
お電話(03-5803-6969)
ネット予約



毛質


● モンゴル(普通):モンゴル産白馬毛を使用。なめらかさと引っかかりのバランスのとれたベーシックな毛質です。初心者から上級者の方まで広くお勧めできます。

 バイオリン (1/4以下)    ¥4,000
 バイオリン ビオラ  ¥5,000
 チェロ ¥6,000
 コントラバス ¥8,000









● カナダ(普通) :
カナダ産白馬毛を使用。コシのあるパワフルな音量が持味で、モンゴル産よりも繊細な音色が特徴です。バイオリンはもちろんのこと、チェロなど大型楽器にも最適です。

 バイオリン (1/4以下)    -
 バイオリン ビオラ  ¥6,600
 チェロ ¥8,000
 コントラバス ¥12,000


● カナダ(上質) :
最高級のカナダ産白馬毛を職人が選別し毛質の整ったものだけを使用。雑音のない、上品でクリアな音色が特徴です。なめらかで弾きやすく、バイオリンの美しい高音がさらにひきたちます。

 バイオリン (1/4以下)    -
 バイオリン ビオラ  ¥8,000
 チェロ ¥9,000
 コントラバス ¥16,000


● イタリア(上質):
天然無垢のイタリア産白馬毛を使用。下処理でおこなう漂白を一切おこなっていないため、馬毛が持つ本来の弾力と引っかかりの良さがしっかりと残っております。華やかな音色と、弦に食らいつくようなひっかかりの良さが最大の魅力です。

 バイオリン (1/4以下)    -
 バイオリン ビオラ  ¥10,000
 チェロ ¥12,000
 コントラバス ¥18,000



毛替えへのこだわり

毛の質


弓毛にはキューティクルがあり、そこに松脂が付着することで弾いたときに弦にひっかかりを生み、音を出すことができます。それゆえ弓毛の質によっても音の傾向が変わります。文京楽器ではさまざまな産地やクオリティーの弓毛の中から厳選した3種類をご用意しております。また上質毛替えでは、厳選して仕入れた毛をバラツキがないようさらに手作業で選別を加えることで、ひと味違う弾き心地を実現しています。

写真:毛キューティクル-モンゴル産と松脂粒子-アルシェAlto マイクロスコープ(500倍率)にて撮影



毛の張り具合


基本的に均一なテンションに毛を張りますが、さらに自然な演奏性を実現するため、あえてわずかにテンションの差をつけます(スティックへの影響はありません)。

フロッグから毛を見た時に、バイオリン・ビオラは左から右へ、チェロ・コントラバスは右から左へとテンションを変えます。言葉で表現することは簡単ですが、毛のとかし方や束ね方といった微妙な感覚のため、熟練の技術を要します。


毛の長さ


毛の長さも重要なポイントです。毛の長さによってフロッグの位置がずれると、弓のバランスが変わって演奏がしづらくなることがあります。また極端に短かい場合は弓の反りに影響が出、反り入れ直しなどの修理が必要となる可能性もあります。

文京楽器ではこうした問題が起きないよう、毛の長さに細心の注意を払って作業を行います。弓自体のバランスだけでなく季節や使用条件をも考慮し、例えば湿度の高い季節には若干短め、低い季節には若干長めにするなど、最適なトータルバランスを導き出します。


くさび


くさびの最適な形状は弓ごとに異なるため、作成には熟練の技術を要します。ヘッドやフロッグにダメージを与えないこと、簡単に抜けないこと、そして次回の毛替えに支障をきたさないこと、このすべてを満たすよう、お客様の弓に最適なくさびを製作します。ボンド等の接着剤は弓の健康状態やその後の毛替え作業に著しい悪影響を及ぼすため、基本的に使用しません。


スティック


弓毛はスティックにねじれや曲がり等がおきないよう、すべてを真っ直ぐに揃えてからテンションと長さに気を配って張り替えます。これにより使用時のスティックへの負担を最小限に軽減することができます。

スティックの変形は、弓の性能を著しく低下させ演奏に支障をきたすばかりでなく、弓の価値自体をも低下させる可能性があります。適切な毛張りはお客さまの大事な愛弓の寿命を延ばすうえでも、とても重要なことなのです。