■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

楽器・弓の辞典

SEARCH

半角英数字のみ/空欄可

Francois Jude Gaulard

Bow Maker  1787-1857
MirecourtFrance

フランソワ・ジュード・ゴーラはミレクールの楽器・弓製作一家に生まれ、ルイ・シモン・パジョーの下で弓製作を学んだとされている。彼は1855年まで故郷で製作活動を続け、その後トロワにある息子の工房で働いた。
 
初期の弓のヘッドはかなり幅広だが先に向かって狭くなっており、薄い金属チップが施されている。フロッグは象牙製が多く、スライドと金属ヒール部分に黒檀でパフリングが施されているものもある。その材料は、フェルナンブーコからスネークウッド、アイアンウッド、外来種、幅広な木目の材料まで、フロッグは黒檀から象牙まで、多種に渡る。フロッグの装飾は星型や丸型に黒色の貝が用いられた。彼は当時としては珍しく金属製のアンダースライドを採用せず、また、オープン・フロッグの弓が多かった。象牙でラウンドタイプのフロッグの際は、ヒールの中央部分に溝が彫られた、彼独自の装飾が施されている。
 
彼の弓は、師匠の「PAJEOT AMT(A MirecourT).」のスタイルを継承した「GAULARD.M(Mirecourt).」が押されていることが稀にある。彼は1857年にトロワで亡くなっている。