■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

楽器・弓の辞典

SEARCH

半角英数字のみ/空欄可

Francois Nicolas Voirin

Bow Maker  1833-1885
Paris, MirecourtSeveral

フランソワ・二コラ・ヴォアランはミレクールにて製作技術を学んだ。1855年には彼の従兄弟であるヴィヨームの下で働くためにパリへ移った。ヴィヨームの工房では優れたぺカット派の製作者と交流する機械に恵まれたが、彼が最も影響を受けたのはP.シモンとJ.B.ヴィヨームからであった。当時ヴィヨームのマイクロ写真をフロッグのパールアイ部分に施した「picture」弓のほとんどはヴォアランによる作である。
 
1870年には自身の工房を構え、自身のモデルを徐々に変化させていった。フロッグはヴィヨーム・スタイルを維持しつつ、ヘッドをさらに薄くし、製作期間を通して洗練させていった。彼の革新は、角張った力強いぺカット派から、19世紀後半に掛けた女性的な繊細さを持つヴィヨーム派への遷移を普及させたところにある。
 
1872年にはL.トマサンを雇い、その4年後にはJ.ラミーが工房で働くようになった。両者はヴォアランが亡くなる1885年まで共に働き続けた。彼は他の工房に弓を納めることはしなかったが、シャノーだけは例外であった。彼の弓は「F.N.VOIRIN A PARIS」スタンプが打刻され、それらは商取引の歴史の中でも、最も優れた、重要なものとして扱われている。