■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

楽器・弓の辞典

SEARCH

半角英数字のみ/空欄可

Hippolyte Camille Lamy 'dit 1re fils'

Bow Maker  1875-1942
MirecourtFrance

ヒッポリー・カミーユ・ラミーは、1890年より父親であるJ.A.ラミー(ペレ)の下で働き始め、製作技法を習得した。1895年には父親と共同で製作を行う中でそのスタイルを取り入れたため、当時の彼の作品は、父親のそれと区別することが難しい程である。
 
1905年から1910年の間に、フロッグの幅広いスロートや、やや拡張したヘッドの形状など、彼独自のモデルを徐々に採用していった。当時の多くの製作家と同様、第一次大戦により仕事を中断せざるを得なかったが、その後父親が亡くなる1919年まで共同制作を続け、その後工房を継いだ。彼のスタイルは父親のそれに近いものを残しつつ、より洗練され豊かなものとなった。彼は3ピースのアジャスターボタンを持つ丸みを帯びたフロッグをしばしば採用した。
 
晩年は視力が落ちたせいで技術に精度を欠くことが多くなり、作品は美しさを失い、重苦しいイメージを帯びている。
 
1942年に自宅で亡くなった。彼は多作で今日に於いても演奏家に求められるものの一つとなっている。