■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

楽器・弓の辞典

SEARCH

半角英数字のみ/空欄可

Jacob (Nicolas) Eury

Bow Maker  1765-1848
Paris, MirecourtSeveral

しばしばニコラと誤って認識されるヤコブ・ユーリは、父親のフランソワの下で楽器製作を学んだ後、弓製作を始めた。8年間の兵役を務めた後、ミレクールへ戻り、ジャン・グランド・アダムの工房で弟子として働いたとされている。1805年頃にパリへ発ち、1826年にヴェルサイユに落ち着くまで、様々な場所で働いた。
 
パリではF.X.トルテと交流し、その製作スタイルと方法の各要素を採用した。フロッグとヘッドはその大きさと形状がトルテと同様であり、金属パーツは硬く厚く作られている。音質の特徴としてもトルテのそれに類似性を帯びる。ただし、当時のリュポやヴォアランら他の製作者の影響も見て取れる。フロッグのヒール部分へ、保護用の金属ヒールプレートを施していたことは、彼の独自な品質の一つである。
 
歳を経てもなお、素晴らしい品質は保たれていたものの、1826年頃より彼のスタイルは重量を増すようになった。生涯を通して経済的に苦労していたが、彼の弓は演奏家と収集家より高い評価を得ている。