■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

楽器・弓の辞典

SEARCH

半角英数字のみ/空欄可

Francois Lupot Ⅱ

Bow Maker  1774-1838
ParisFrance

フランソワ・リュポ2世はオルレアンに生まれ、父親のフランソワ1世よりバイオリン製作を学んだ。弟は有名なバイオリン製作家の二コラ・リュポである。どのように弓製作を学んだかは不明であるが、当時の作品からトルテの影響が見て取れることより、パリのレオナルド・トルテの下で働いていたのではないかと考えられている。1815年に自身の工房をパリに構えると直ぐに、自身のブランドで高品質な弓の製作を始めた。円熟期の作品は、ラウンド・スティック、優美なシャンファーのヘッド、パールアイ無しのフロッグといった特徴を持つ。スタンプは2つのサイズの「Lupot」と、「Lupot a Paris」が存在する。
 
リュポはJ.R.ラフラーやD.ぺカットを含むアシスタントを採用しており、リュポの死後は彼らが工房を引き継いだ。