■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

楽器・弓の辞典

SEARCH

半角英数字のみ/空欄可

Dominique Peccatte

Bow Maker  1810-1874
Paris, MirecourtSeveral

ドミニク・ぺカットはミレクールに生まれ、美容師となるための勉強をしていたが、二コラ・ヴィヨームの勧めを受け、1826年にJ.B.ヴィヨームの工房で働くべくパリへ移った。そこでJ.P.ペルソワに製作を教わり、一級の技術者となった。1836年にはF.リュポの工房へ移り、その2年後にリュポが亡くなると工房を継ぎ、弓製作に注力した。この時期は彼の黄金期といわれる。1847年にはミレクールへ戻り、弓製作と共にワイナリーを営むようになった。1872年には製作を止め、その2年後に亡くなった。
 
彼はペルソワとトルテのスタイルに影響を受け、ハチェット(鉞)型のヘッドを持つ弓を作り、その力強い操作性で高く評価された。非常に仕事が早く多作な製作者であり、直観的な感覚により製作に臨んでいたため、1本として同じ弓を作らなかった。彼の最良の作品はパリにて独立し働いていた時代のものとされているが、全製作期間を通して傑出した弓を作った。
 
多くのぺカット弓は「Vuillaume a Paris」スタンプが押されているが、スタンプ無しのものも少なくない。後期のものは「PECCATTE」「PARIS」と押されている。