■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

楽器・弓の辞典

SEARCH

半角英数字のみ/空欄可

Andre Georges Richaume

Bow Maker  1905-1966
Paris, MirecourtSeveral

アンドレ・ジョルジュ・リショームは楽器製作者であった父親とヴィクター/ジュール・フェティークの姉との間に生まれ、ミレクールのウーシャ工房で修行したとされている。1927年に兵役を終えた後、彼の叔父であるパリのV.フェティークの下で働き始め、自身のウーシャ・スタイルの四角いヘッドを、全体的に力強い外観をそのままに、丸みを帯び調和の取れたモデルへと洗練させた。
 
彼はE.サルトリの下で幾年か働いていたJ.フェティークと共に製作を行うこともあり、この影響により四角いヒールプレートを採用した。また、ヒールプレートに2つのピンを埋め込むバザンの技術もしばしば採用している。
 
1932年にはパリに自身の工房を構え、品質の高いフェルナンブーコ材を用いて優れた弓の製作を続けた。1955年には国家最優秀職人賞を受賞し、偉大なヴィルトゥオーゾであるD.オイストラフも彼の工房を訪ねるなど、名実ともにフランスで最も優れた製作家となった。
 
彼はウーシャの工房における修行時代に、先人が残した数多くの良質な弓を見る機会を得ており、真贋鑑定の能力とともに高い修理の技術を持っていた。1966年に61歳で亡くなった。