■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

楽器・弓の辞典

SEARCH

半角英数字のみ/空欄可

Emile Francois Ouchard

Bow Maker  1872-1951
Paris, MirecourtSeveral

エミーユ・フランソワ・ウーシャは ユージン・クニョ(ユーリ)の弟子で、1910年に師匠が亡くなった後はミレクールにある工房を継いだ。息子のエミーユ・オーグストが1913年より彼のアシスタントとして働き始め、1923年には親子で工房を構えた。これ以降の多くの作品には「Emile ouchard」スタンプが押されたが、師匠の「Cuniot Hury」スタンプを用いることもしばしばであった。工房の経営は順調で、1936年までには息子を含む15人ものアシスタントを抱えるまでとなった。1937年に息子のエミーユ・オーグストが正式に事業を継いだものの、仲違いによりオーグストはパリへ離れたため、1951年に亡くなるまで工房の経営を続けた。
 
ルイ・ブルジェやレイモンド、A.リショーム、F.ロッテら優秀な製作者が多く働いたウーシャ工房で作られた弓の多くは、主に納品先工房名がスタンプとして押され、ウーシャ自身のスタンプが押される弓は少なかった。スティックは丸弓が多く、特に父子の共作によるものは非常に品質が高い。