■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

楽器・弓の辞典

SEARCH

半角英数字のみ/空欄可

Louis Gillet

Bow Maker  1891-1970
Nancy, MirecourtFrance

ルイ・アンリ・ジレはナンシーで生まれ、直ぐにミルクールへ移り製作を学んだ。1906年から1911年にジェローム・ティボヴィーユ・ラミーの下で働いたのち、マーク・ラベルト工房を経て、1930年頃にディジョンの南に位置するシャロン・シュル・ソーヌにて自身の工房を構えた。彼は多くのバイオリンショップや工房へ弓を納めており、これら初期の作品には"LAVEST"スタンプが押されたものが多く存在する。

1934年には、ユージン・サルトリーのアシスタントとして働いていたジュールス・フェティークの後任としてサルトリーの工房に入った。その頃よりサルトリーの影響を強く受けた作品を作るようになり、サルトリーが亡くなる1946年まで共同製作を行い、大きな成功を収めた。ジレのサルトリーの技術に感化され製作した弓は、ヘッドの丸みが強く、スタンプはスティックの両サイドに刻印されている。

後期の作品は角張ったヘッドと力強いフロッグをもつ、ペカット・スタイルを採用している。1950年から1960年に掛けて製作された弓はとくに美しく、金や象牙、鼈甲をあしらったものが多く存在する。彼は1970年に亡くなっている。