■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

楽器・弓の辞典

SEARCH

半角英数字のみ/空欄可

Pietro Guarneri 'of Venice'

Violin Maker  1695-1762
VeniceItaly

ジュゼッペ・ガルネリの息子ピエトロ・ガルネリ・ベニスは、ガルネリ工房で約10年間の修行のあと、1717年頃に故郷クレモナを離れた。当時、ストラディバリの活躍によってガルネリ家には十分な仕事がなく、バイオリン製作で成功するのであれば、新天地を見つける必要があった。多くのバイオリン製作家がひしめく音楽の町、ベニスへの移住は、勇気ある行動であったといえるが、クレモナ・ガルネリ家の名声は彼の独立を助けたであろう。
 
彼は1717年から1733年までの16年間、時にはカルロ・トノーニと机を並べながらマッテオ・セラスの下で働いた。彼自身のラベルを貼った最初の楽器は1725年頃のものである。1733年に自身の工房を構えた後の約15 年間が彼の全盛期にあたり、名器はこの時期に製作されたものが多い。
 
クレモナの伝統を継ぐ立場ながら、ピエトロはベニス派の持つ華麗さを製作に取り入れ、クレモナとベニスの伝統を巧みに融合させた。これは彼の残した功績のひとつである。f字孔の形や真紅のニスなどは、明らかにベニス派の影響によるものであるが、幅広で深掘りのスクロールは彼の父親に影響によるところが大きい。