■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

楽器・弓の辞典

SEARCH

半角英数字のみ/空欄可

Andrea Guarneri

Violin Maker  1623-1698
CremonaItaly

アンドレア・ガルネリはアマティ派とガルネリ派の間を繋ぐ者であった。彼は1641年から1646年、及び1650年から1654年まで、ニコロ・アマティの工房にて見習いとして働いた。その後、彼は師匠の工房を離れ、現在我々が呼ぶところの「Casa Guarneri(ガルネリ工房)」を立ち上げた。彼の作品は師の伝統を強く継承するものではあったが、アマティスタイルのもつ均整のとれた優美さに比べ、やや素朴な印象を持っている。
 
アンドレアはガルネリ一族の中で最も多作であったが、とくに晩年の作品は2人の息子、ジュゼッペとピエトロが製作を手伝うことで成り立っていた。1690年頃の作品群には、ジュゼッペ・ガルネリ・フィリウス・アンドレア(Filius Andrea”アンドレアの息子の意”)の手が入っていることが明らかに見て取れるものが多い。
 
彼の製作した小型のビオラは、現存するビオラの最高傑作と評価されているが、現存するのは僅か8台のみである。近年発見された1690年製の作品は、かの有名な1697年製「プリムローズ」と良く似ている。スクロールはアマティ派の製作者ジャコモ・ジェナーロによるもので、ボディは当時の典型的なガルネリ一族のスタイルで製作されている。スクロール以外の大部分は息子ジュゼッペ・ガルネリに委ねられたものであるとされている。
 
ガルネリ一族の製作家は、師匠の教えを無条件に受け入れるのではなく、各々の独自性を発展させ、 オリジナルのスタイルを築いた。この大胆な創造性が幾つかの優れた楽器を生み出し、ガルネリの素晴らしい伝統の基礎を築くことになったといえる。