■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

楽器・弓の辞典

SEARCH

半角英数字のみ/空欄可

Giuseppe Ceruti

Violin Maker  1785-1860
CremonaItaly

ジュゼッペ・チェルティはG.B.チェルティの唯一の息子であり継承者であった。彼が産まれた直後に一家でクレモナへ移住し、1805年まで父親の下で働いた。その後の約10年間はかんな職人、楽器製作家としての記録が残っており、彼のバイオリン製作家としての職歴についてはいささか調査が困難となっている。32歳となった1817年には、父親から工房を引継いだものの、父親の死後はバイオリンの商売に関しては積極的ではなく、プロのコントラバス奏者として演奏活動に従事していた。1830年から1840年の期間は定期的な楽器製作に取り組むこともなかった様であるが、1855年にはパリで開催された展示会に2挺のバイオリンを出展しており、特別賞を獲得している。
 
ジュゼッペの楽器は非常に希少である。そのスタイルは父親に依るところが大きく、しばしばG.B.チェルティのラベルが貼られている。