■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

楽器・弓の辞典

SEARCH

半角英数字のみ/空欄可

Giovanni Rota

Violin Maker  1767-c.1810
CremonaItaly

ジョバンニ・ロータはクレモナ出身、ニコロ・アマティの妻の子孫で、1787年にロレンツォ・ストリオーニの弟子となり、1792年まで働いた。ストリオーニの工房で働いている間、1790年から1795年までクレモナに住んでいたニコラ・ベルゴンツィ(カルロ・ベルゴンツィの孫)と交友があったであろうと考えられている。
 
ロータの作品は非常に数が少ない。これは、独立後も他の工房(ストリオーニやベルゴンツィ、G.B.チェルティなど)で働いていたためではないかと考えられている。
 
ロータの楽器は、オリジナリティ溢れるスタイルというよりも、ストリオーニやチェルティのモデルで製作された。しかし、彼が優れた職人であり、巧みな技術をを持っていたことは、上手に彫られたスクロール、きれいにカットされたf字孔、象嵌細工などからも明白である。師匠に当たるクレモナ後期のメーカーがほとんど独学でバイオリン製作を学んだ一方、ロータはプロの工房で修行を積んだ期間が長かったためである。材料においては、後期クレモナ派の典型的なもの(輸入のボスニアン・メイプルではなくイタリアのローカル・メイプル)を使用した。