■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

楽器・弓の辞典

SEARCH

半角英数字のみ/空欄可

Antonio Gragnani

Violin Maker  c.1765-1795
LivornoItaly

アントニオ・グラニャーニはフィレンツェから75㎞に位置する栄えた港町であるリボルノにて生活し働いた。技術はフィレンツェにて学んだ様であるが、彼のスタイルは当時のフィレンツェに於ける製作家、例えばカルカッシ兄弟やG.B.ガブリエリとは大きく異なる。ボタンに施された彼のイニシャルの刻印から、同様の刻印を施していたガブリエリとの間に何らかの関係性があったであろうと考えられている。

当時フィレンツェでJ.スタイナーの影響が広まっていた一方で、グラニャーニは明らかにストラディバリを意識しており、それゆえに彼の楽器のアーチはフィレンツェの製作家より、クレモナ派に見られるようなフラットなものが多い。

興味深いことに、彼はパフリングに鯨のひげを用いた数少ないイタリア製作家の一人である。海洋都市として栄え、物品の流通が豊富であったリボルノに暮らしていたことで、内陸の製作家が入手できない特殊な素材を用いることができたと考えられている。

写真:Violin made by GRAGNANI.Antoino.Livorno.1795