■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

楽器・弓の辞典

SEARCH

半角英数字のみ/空欄可

Paolo Castello

Violin Maker  c.1750-1780
GenoaItaly

パオロ・カステロは18世紀中頃にジェノバで中心的な役割を果たした3人の製作家の内の一人である。他の二人は、ジャコボ・コルダーノとジュゼッペ・カバレリで、3人全員がジェノバ派の始祖であるベルナルド・カルカーニの影響を受けているものの、カステロはほとんど独学で製作を学んだ様である。
 
パフリングの幅や洗練さに欠けるモデルなど、彼の技術はしばしば不器用だと評されるが、極めて繊細なf字孔はその欠点をすっかり補ってしまう程良くできている。カステロの完成度よりも製作スピードを重視して製作されたというべきスクロールは、彼が廉価楽器の市場需要を満たしていたことを示唆しているが、そのニスの品質は良く、彼に楽器製作の才能が無かった訳ではないことがわかる。