■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

楽器・弓の辞典

SEARCH

半角英数字のみ/空欄可

Georges ChanotⅠ

Violin Maker  1801-1883
ParisFrance

ジョルジュ・シャノー1世は、19世紀フランスにおいて、J.B.ヴィヨームと並ぶ、最も優れた製作者であり商売人であった。ミルクールで製作を学び、1819年頃にパリへ移った。1823年に自身の工房を構えるまで、レテとガンの工房で働いた。彼の技術は非常に正確で、ニコラ・リュポの時代以降のどのフレンチ・メーカーにも引けを取らない品質を誇る。

ヴィヨームのビジネスが拡大する中で彼は世界中を旅し、優れたオールド楽器のコピー製作に長けた職人として評価を得ていった。彼の長男であるアドルフは結核により27歳の若さで亡くなった。次男であるジョルジュ・シャノー2世はロンドンに渡り、シャルル・モコテルの下で働いた後、同地で工房を構えた。

シャノー1世のビジネス商売を継いだのは、私生児であったマリー・ジョセフ・シャルドンであった。彼はのちに “シャノー&シャルドン”として20世紀まで知られる工房の創業者となる。