■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

楽器・弓の辞典

SEARCH

半角英数字のみ/空欄可

David Tecchler

Violin Maker  c.1668-c.1747
RomeItaly

デビッド・テクラーはローマ派を代表するバイオリン・メーカーである。1690年代に故郷オーストリアからローマへ移ったと考えられている。その後、ローマの地で30年以上活動したが、その作風はヤコブ・シュタイナーの影響が強い。後期になると、クレモナ派の影響を受けたフラットなアーチの作品も製作した。
 
テクラーの作品の中で、チェロは非常に評価が高い。それらのチェロは当時普及していた特大モデルで製作されたが、現在にいたるまでその殆どが、演奏上の理由によって標準サイズにカットダウンされている。

写真:Cello made by TECCHLER.David.Rome.1701