■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

楽器・弓の辞典

SEARCH

半角英数字のみ/空欄可

Vincenzo Trusiano Panormo

Violin Maker  1734-1813
Paris, LondonSeveral

ヴィンツェンツォ・パノルモは、おそらくヴィンツェンツォ・トルジアーノとして生まれた。「パノルモ」はパレルモのラテン名で、彼がシチリア島を去った後に、その名を自分の名前に使用したと考えられている。
 
初期のパノルモについて知られていることは少ないが、1760年代にナポリで、ガリアーノ・ファミリーの誰かからバイオリン製作を学んだと考えられている。その後1770年代から1780年代の間にパリへ移り、活発に製作を行った。1789年にフランス革命の影響から、パリを離れロンドンへ移ると、1791年から1792年の一時的なダブリンでの滞在を除き、生涯をその地で過ごした。イギリスでは、存命当時から「最も優れた製作者」という評価を確立していたようである。
 
パノルモは最も優れたイングリッシュ・メーカーの一人である。ストラディバリとアマティのモデルを用い、良質な材料を使って卓越した技術で製作した。彼の作品は、一般的にイングリッシュに分類されるものの、その傑作にはイタリアンの香りが漂う。