■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

楽器・弓の辞典

SEARCH

半角英数字のみ/空欄可

Carlo Ferdinando Landolfi

Violin Maker  c.1710-1784
MilanItaly

ランドルフィは1750年頃まで製作活動の記録がなく、いつどのようにしてバイオリン製作を学んだかが不明である。いずれにせよ40歳を迎え、製作者としては遅咲きながらも活動を本格化させた一つの可能性として、1749年にG.B.ガダニーニがミラノへ移ってきたことが考えられる。ランドルフィの作品を観察すると、グランチーノやテストーレら初期ミラノ派の製作者との類似点はむしろ少なく、ガダニーニからの影響が大きい為である。
 
1760年代からは彼の息子であるピエトロ・アントニオと、最も才能ある弟子であったとされるピエトロ・ジョバンニ・マンテガッツァの助けを借りながら製作した。

写真:Violin made by LANDOLFI.Carlo.Ferdinand.Milano.1788