■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

楽器・弓の辞典

SEARCH

半角英数字のみ/空欄可

Etienne Pajeot

Bow Maker  1791-1849
Paris, MirecourtSeveral

エティエンヌ・パジョーはルイ・シモン・パジョーの息子で、早くから実家の工房で商取引について学んだ。彼の名を冠した弓は1815年より見られ、その初期の作品は、やや尖ったヘッドや高さが低く横に長いフロッグを持つ、父親のスタイルによるものであった。1820年からは独自性を強め、ヘッドはほほの面積が広く薄く、フロッグは以前より高い設計に変更した。材質はアイボリーを頻繁に用いた。
 
1830年頃から、当時のメーカーと同様にフロッグのアンダースライドに金属プレートを取り付けるようになったが、ここにも彼の独自性が見て取れる。たとえば、シルバーを用いたフロッグにはニッケルシルバーのプレートを、ゴールドを用いたフロッグにはカッパー(銅)のプレートを、ヒールや親弓が掛かる一に取り付けている。これらはフロッグの欠けや割れを防ぐ目的によるものである。また、スティックの雌ねじ穴の四面にも、メタルプレートで補強を施す弓も存在し、こうした発明は当時のフレンチ弓製作へ大きな影響を及ぼした。
 
彼の工房は多作で商業的にも成功し、N.メアーやC.J.フォンクローズ、N.マリーンなどの優れた製作者を雇用していた。様々な種類の弓と材料がそこで製作されており、1840年にはその生産数が絶頂を迎えた。材料と技術の品質は安定しており、非常に美しく、且つ操作性に優れた弓を生み出した。彼はその世代で最も優れた製作者として認められている。スティックには「PAJEOT」とスタンプが刻印されているものと、刻印がないものが存在する。