■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

楽器・弓の辞典

SEARCH

半角英数字のみ/空欄可

Charles François Gand

Violin Maker  1787-1845
ParisFrance

"Gand père"として知られるシャルル・フランソワ・ガンはヴェルサイユで生まれ、1802年から1806年にニコラ・リュポ(Nicolas Lupot)の下で製作を学んだ。そこで一緒に学んだオーグスト・セバスチャン・フィリップ・ベルナーデル(August Sébastien Philippe Bernardel)は、後にフランソワの息子、シャルル・ニコラ・ユージン・ガン(Charles Nicolas Eugène Gand)とともにガン&ベルナーデル社(Firm Gand&Bernardel)を立ち上げることとなる。

リュポの養女と結婚したガンは、しばらくリュポの下で働き、1819年にパリで自身の工房を構えた。1824年にリュポが亡くなると、その工房を継いで経営と製作を続けた。

彼はリュポの最も優れた弟子のひとりであるが、その存在はJ.B.ヴィヨーム(Jean Baptiste Vuillaume)の活躍の影に隠れてしまっているといえる。