■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

楽器・弓の辞典

SEARCH

半角英数字のみ/空欄可

Alessandro Gagliano

Violin Maker  c.1700-c.1735
NaplesItaly

ナポリ派最初のバイオリン製作家として知られるアレッサンドロ・ガリアーノは、18世紀に於ける最も多作な製作一家であるガリアーノ派の創始者である。彼の出身や修行に関する情報は殆ど知られていない。
 
アレッサンドロのモデルは独特で、彼の息子であるニコラとジェナーロとは違い、ストラディバリの影響は見られない。ニスは息子達のものとは質感が根本的に異なる深い赤色を帯びており、これが裏板材の杢との雰囲気も相まって、アレッサンドロの楽器の力強い外観へ繋がっている。彼のf字孔は短いが優美で、やや下の方に位置している。パフリングの精度は高いとは言い難い。
 
彼の現存するビオラは知られている限り2本のみと、非常に数が少ない。彼のチェロも希少で、12本程度が現存するのみである。

写真:Violin made by GAGLIANO.Allesandro.Naples.1734