月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

  • Stories
  • 読みもの
  • 東京小石川ロータリークラブ創立50周年記念「小石川櫻花音楽祭」
【Arc Music Academy 2020年特別協働事業】

東京小石川ロータリークラブ創立50周年記念音楽祭
ユネスコ平和教育支援「小石川櫻花音楽祭」


東京小石川ロータリークラブは、2020年に創立50周年を迎え、その記念事業としてチャリティ音楽会を開催する運びとなりました。桜の咲く時期に、例会会場である椿山荘と真向かいにある歴史的建造物・東京カテドラル関口教会で行います。
日時
2020年3月27日(金)
18:30開場 19:00開演

料金
一般 5000円

会場
東京カテドラル聖マリア大聖堂

出演
指揮:阿部未来
バイオリン:久保陽子 
シンセサイザー:松崎颯太
バイオリン:渡邊多佳子
学習院輔仁会オーケストラ ほか

曲目
モーツァルト ヴァイオリン協奏曲第5番
バッハ G 線上のアリア
ベートーベン ロマンス
サンサーンス 序奏とロンドカプリチオーソ
ヘンデル ハレルヤ ほか

主催:東京小石川ロータリークラブ
後援:公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター
お問合せ・チケット取り扱い
Arc Music Academy(株式会社文京楽器内) 03-5803-6969
久保陽子(バイオリン)
3 歳より父の手ほどきを受け、その後、折田泉、村山信吉、J.イスナールおよび斎藤秀雄らに師事。1962年桐朋女子高等学校音楽科卒業、同年チャイコフス キー国際コンクール第3位入賞。1963年よりフランス政府給費留学生としてパリに留学しR.ベネデッティ、J.カルヴェに師事。1966年マルセイユ音 楽院ディプロマコースを卒業、同時に名誉市民のメダルを授与される。1964年パガニーニ国際コンクール、1965年ロン=ティボー国際コンクールにて第 2位。1967年からJ.シゲティに師事。その後クルチ国際コンクール第1位。ソリストとして世界的な演奏活動をする他、ピアニスト弘中孝と共に桐五重奏 団、ジャパン・ストリング・クヮルテットを主宰するなど室内楽奏者としても活躍中。2011年3月まで東京音楽大学教授として後進の指導にあたる。これまでにCD『J.S.バッハ/無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータ全6曲』、『ブラームス/ヴァイオリンとピアノのためのソナタ全3曲』、『ベートーヴェン/ピアノ・トリオ第7番大公、ブラームス/ピアノ・トリオ第1番』、『パガニーニ:カプリース全24曲』をリリース、いずれも高 い評価を得ている。

松崎颯太(シンセサイザー)
作曲、編曲、ピアノ、シンセサイザー奏者。北海道札幌市生まれ。6歳よりピアノを始め、9歳から青島広志氏に和声・作曲を師事。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校作曲科を経て、東京藝術大学音楽学部作曲科を卒業。野平一郎氏に作曲を師事。ヴァイオリニストの久保陽子氏を始め、様々な楽器、歌、合唱の伴奏を多数こなしている。また青島広志氏のもとでオペラの稽古ピアノ、副指揮をつとめる。クラシックだけでなくジャズやポピュラーなど幅広いジャンルの演奏を得意し、ジャズサックスプレイヤーのMALTA氏とも多数共演。

渡邊多佳子(バイオリン)
生後7ヶ月より母の手ほどきを受け、その後、宮田佳代、沼田園子、久保陽子の各氏に師事。 東京音楽大学付属高等学校在学中、推薦試験にてトップの成績を収め、給費入学奨学生として東京音楽大学に入学。 第20回栃木県学生音楽コンクールにて弦楽器部門第一位。 第9回日本クラシック音楽コンクール東京本選にて優秀賞、全国大会入選。 第53回全日本学生音楽コンクール小学校の部にて東京本選入選。 第58回全日本学生音楽コンクール高校の部にて東京本選入選。 クラシックを基盤に、ポップス、ジャズ、タンゴなど幅広いジャンルを演奏し、日本国内、海外等、各地で演奏会を開き、好評を得る。 現在、ソロ、室内楽、オーケストラ、イベント・パーティー演奏、アーティストのライブサポートやTV収録など幅広い演奏活動の他、 幼稚園、学校、病院、介護施設など、未来を担う子どもたちや、コンサート会場へ足を運ぶことの出来ない方たちへ向けたコンサートも精力的に行なっている。

「小石川櫻花音楽祭」プロモーション動画