月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

  • Stories
  • 読みもの
  • トーマス・モイビッセン ~最もアバンギャルドな、スーパーモダン・メーカー

トーマス・モイビッセン ~世界で最もアバンギャルドな、スーパーモダン・メーカー


Thomas Meuwissen
世界で最もアバンギャルドな、スーパーモダン・メーカー


トーマス・モイビッセンは、2015 年にブリュッセル楽器博物館に「ビジュアリー・オープン・スタジオ」と称してガラス張りの工房を開いたことで一躍有名となりました。 弦楽器が出来上がるまでの様子を博物館の来場者が自由に鑑賞できるというコンセプトのもと、斬新なワークスペース内で、バイオリン 2 挺、ビオラ、チェロ のカルテット製作を行いました。このモイビッセンのプロジェクトは、弦楽器専門誌 The Stradをはじめ多くのメディア にも紹介されました。


▽T.モイビッセン 工房ドキュメンタリー映像はこちら https://youtu.be/_F7gLmd1Yek

音楽院やコレクションが所蔵する現代の名工


トーマス・モイビッセンは、イギリス・ニューアークバイオリン製作学校を卒業後、チェコ・プラハの P.スピードレン、フランス・モンペリエの F.ショーディエなどヨーロッパの著名製作家のもとで修行した後、数々の国際バイオリン製作コンクールに出品し受賞するようになります。その実力は高く認められ、ベルギー王立音楽院、アムステルダム音楽院、ノルウェー・デクストラ・ムジカ財団など、世界有数の音楽院にモイビッセンの名器のコレクションが収蔵されています。


▽主なコレクション先の一覧

Royal Conservatory Brussels (BE) / Conservatory of Amsterdam (NL) / Beckett Collection (UK), Musical Instruments Foundation(NL) / Dextra Musica (NO) / Hochschule für Musik: “Felix Mendelssohn-Bartholdy” (DE) / The Queen Elisabeth Music Chapel (BE)


▽コンクール受賞歴はこちら https://www.thomasmeuwissen.com/biography/awards/

21世紀はバイオリン製作のルネッサンス


「この数十年の間に、新作バイオリンの水準は飛躍的に上昇しました。現代のバイオリン・メーカーは非常に活気があり多様化しています。21世紀はバイオリン製作のルネッサンスだと言っても過言ではありません。」


モイビッセンはストラディバリやデルジェスといったオールド・イタリアン・メーカーの古典製作法に通じています。そうしたプロセスとフォルムを忠実に再現しながらも、現代的なセンスを取り入れたオリジナリティがモイビッセンの作風の真骨頂だと言えるでしょう。


「もはや一流のソリストは、現代楽器の購入に躊躇がありません。優れた新作楽器であれば、コンサートやレコーディングにも使用しています!」


この言葉が物語るように、モイビッセンの作品は一流の演奏家からも絶賛されているのです。


〝オールド・イタリアンだけでなく、モイビッセンもよく演奏しています!〟 - イゴール・オイストラフ、ヴァイオリニスト -


〝とても豊かで、温かく、芳潤なサウンド。唯一無 二の個性。ブラボー!〟 - ヴァディム・レーピン、ヴァイオリニスト


“モイヴィッセンは現代の才能ある製作家の代表。すべてのプレイヤーに、モイビッセンを勧めます!〟 - ヴァレンティン・エルベン、アルバン・ベルク四重奏団チェリスト


▽アーティストによる賛辞はこちら https://www.thomasmeuwissen.com/references/

ベルギーを代表する現代作家、モイビッセンの作品があなたの手に


文京楽器は、2019 年 3月にブリュッセルの工房を訪れ、トーマスとディスカッションを交わしました。彼の作品のレベルの高さに感嘆すると共に、その世界観とフィロソフィーに共感し、日本の正規代理店となりました。エリザベート国際音楽コンクールの開催地であり、19世紀にはパリと並ぶのバイオリン製作の中心地であったブリュッセル。世界を代表する音楽文化都市で製作されたモイビッセンの作品に興味のある方は、文京楽器へお問い合わせください。



トーマス・モイビッセン / Thomas Meuwissen 1966 年、ベルギー・ルーヴァン出身。英国ニューアークバイオリン製作学校を卒業後、ヨーロッパ 各地の著名製作家の工房で研鑽を積む。 1987 年より弦楽器製作に専念するべく独立。古典技法への造詣の深さに加え、名器の音調整でも評価が高い。新しい取り組みにも積極的であり、2015 年にはブリュッセル楽器博物館にガラス張りの工房を開き、世界的注目を集めた。


▽トーマス・モイビッセン WEB サイト https://www.thomasmeuwissen.com/


スーパーモダン・バイオリン:文京楽器が提唱するオールド・イタリアンの名器のエッセンスを忠実に再現した超新作楽器のこと。