■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

楽器・弓の辞典

SEARCH

半角英数字のみ/空欄可

Pierre Simon

Bow Maker  1808-1881
Paris, MirecourtSeveral

ピエール・シモンは1838年まで故郷のミレクールにて修行し働いた後、パリへ移りD.ぺカットの工房へ入った。彼の作品に於けるぺカットの影響は大きいが、1840年にはヴィヨームの工房へ移り、1844年までの期間に「picture」弓などの多種に渡る多くの優れた弓を製作した。1848年にぺカットがミレクールへ戻ると、残されたパリの工房をシモンが引き継ぎ、ヴィヨームやガン兄弟向けに弓の納品を継続した。
 
1848年から1851年まではJ.アンリと提携し製作を行ったが、上手く行かなかった様である。その殆どの弓は、たとえ全てがアンリの手によるものであっても「SIMON」スタンプが押されていた。1860年からの作品は重量が増すようになり、1870年からはその傾向が特に顕著である。とはいえ、彼が優れた品質を持つ数多くの弓を製作したことは事実である。