■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

楽器・弓の辞典

SEARCH

半角英数字のみ/空欄可

Nicolas Pierre Tourte 'pere'

Bow Maker  1700-1764
MirecourtFrance

ニコラ・ピエール・トルテは1742年頃まで大工として働いていた。彼の工房は楽器と弓の両方を製作しており、特に弓製作に関しては重要な革新をもたらした。当時のヴァイオリン弓は、その何十年先の発明である金属製のスクリューが付属せず、スティックの反りは山なりであった。音量と音質の幅を探求した演奏家に鼓舞され、トルテは18世紀後半にモダン弓の原型となる、逆反りのスティックを実験的に製作した。
 
1756年には彼の長男であるニコラ・レオナルドが工房へ加わり、後に弓製作者として独立し成功した。次男のフランソワ・グザビエは父親のモダン弓製作の試みをさらに発展させ、完成へと導くこととなる。