■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

楽器・弓の辞典

SEARCH

半角英数字のみ/空欄可

Andre Vigneron 'Fils'

Bow Maker  1881-1924
Several

アンドレ・ヴィネロンはミレクールに生まれ、19世紀後半より父親のジョセフ・アルチュール・ヴィネロンのパリの工房で働き始めた。彼の初期の弓は、薄いヘッドを持つ父親のそれに良く似たモデルを採用しており、1905年の父親の死まで二人で一緒に働いた。工房を継いだ後も父親の真面目で控えめな製作スタイルをベースにしつつ、一方で彼独自の特徴も発展させていった。ヘッドとフロッグは小振りになり、アジャスター・ボタンはさらに繊細になるなど、父親のスタイルから徐々に離れていったが、1910年まで父親の「A.VIGNERON A PARIS」スタンプを用いた。
 
1910年以降、自身の名を冠したスタンプの弓製作を始め、彼のモデルは洗練された、明るく、精度の高い作品へと昇華していった。1920年以降の作品の中には、父親のスタンプや「VIGNERON PARIS」スタンプを含む。
 
概して彼の多くの弓は優れた品質を持ち、素晴らしい美しさを兼ねている。