■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

楽器・弓の辞典

SEARCH

半角英数字のみ/空欄可

Antonio Zanotti

Violin Maker  c.1710-c.1740
MantuaItaly

アントニオ・ザノッティに関する情報は少ないが、カミッロ・カミッリの師匠であったと信じられている。彼はミラノとクレモナの中間に位置するロンバルディ州のロディに生まれ、マントヴァにて製作を行ったが、誰に師事したかは定かではないとされる。しかし、ピエトロ・ガルネリ・マントヴァのスタイルで製作した装飾楽器が現存しており、彼に師事したのではないかという説もある。

ザノッティの製作した楽器は、モデル、f字孔の形、ニスなどカミッリの作品と大変よく似ているが、カミッリの作風が力強く男性的なのに対し、ザノッティのそれは非常に繊細であることが特徴である。