■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

楽器・弓の辞典

SEARCH

半角英数字のみ/空欄可

Giorgio Serafin

Violin Maker  1726-1775
VeniceItaly

ジョルジオ・セラフィンは、サント・セラフィン(ジョルジオの叔父)からバイオリン製作を学び、1740年初めに独立した。1744年にサントが引退したが、ジョルジオは叔父の工房を継がず、モンタニャーナの下で働く様になった。その6年後、1750年にモンタニャーナが亡くなると、残されたモンタニャーナの三人の娘はセラフィンと提携を結び、工房経営を続けた。その提携の下、ジョルジオは三人の娘の内の一人である、アントニアと結婚した。
 
ジョルジオ・セラフィンは多くの時間を楽器修復に当てていたと考えられ、製作数は非常に少ない。サント・セラフィンの影響を色濃く反映した楽器を製作した。