■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

楽器・弓の辞典

SEARCH

半角英数字のみ/空欄可

Santo Serafin

Violin Maker  1699-c.1758
UdineItaly

サント・セラフィンは生地のウーディネ(ベニスより北東へ約100kmに位置する)においてフランチェスコ・ゴフリラの下で修行したあと、1721年にベニスへ移住した。セラフィンの初期ラベルは1725年頃に見られるが、1733年までは自身の工房を構えていなかったため、ベニスに於ける他の工房にて働いていた可能性が高い。
彼の作品は、明らかにベニス派と分かる特徴も持っているが、アマティの影響が色濃く反映されており、f字孔やスクロールの仕上げは繊細である。常に美しい木材の用いて正確な技術で製作したため、サント・セラフィンは偉大なベニス派製作家の中でも最も美しく洗練され他メーカーとして評価を受けている。
 1744年にバイオリン製作のギルドから引退し、その後はあまり楽器を製作しなかったようである。