■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

楽器・弓の辞典

SEARCH

半角英数字のみ/空欄可

Girolamo Amati Ⅱ

Violin Maker  1649-1740
CremonaItaly

ジローラモ(ヒエロニムス)・アマティ2世はニコロ・アマティの長男である。父の死後、1684年から工房を引き継いだが、17世紀後半のクレモナではストラディバリやA.ガルネリ、F.ルジェリなど有力な競合製作者たちが多かったため、父親の代ほど多く成功を収めることは困難であった。しかし彼はやはり才能豊かな製作家で、父ニコロに退けを取らない作品を残している。楽器のアーチは父のものより豊かなふくらみを帯びており、ニスの美しさはやや劣るものの、音質はニコロ・アマティに近いものを備えている。
 
1697年、彼は財務面で困窮し、競争相手の多いクレモナを去り、ピアツェンツァへ移ることとなった。その18年後、故郷へ戻り余生を過ごしたが、クレモナを去った直後にバイオリン製作を止めてしまった様であり、1700年以降の楽器が非常に数少ないことはこれに起因すると考えられている。彼は弟子を取らなかったため、アマティ一族のバイオリン製作は、1740年の彼の死をもって終わりを告げた。