■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

楽器・弓の辞典

SEARCH

半角英数字のみ/空欄可

Stefano Scarampella

Violin Maker  1843-1927
Brescia, MantuaSeveral

ステファノ・スカランペラは1843年にブレシアで生まれ、家具職人であった父の仕事を手伝いながら木工の基礎を習得し、ほぼ独学でバイオリン製作を学んだとされる。1890年頃から本格的に楽器製作に取り組むようになり、1902年から1915年頃にかけて製作者としての地位を確立した。彼はバイオリンを主に製作し大変多作であったが、その品質は個体ごとに大きなバラつきがある。
 
スカランペラの製作スタイルは、ガルネリ・デルジェスの作風に最も影響を受けているが、初期の段階においてはバレストリエリの影響を受けマントヴァ・スタイルで製作された。ピエトロ・ガルネリを起源にもつ幅広のアウトライン、渦巻きの大きな目玉、杢の細かいイタリア産カエデ材の使用、柔らかい橙色のニスなどの特徴がそれである。後期になると、やや水平なアッパーバウツや細長いf字孔など、彼のオリジナル・スタイルを確立する。しかし、1920年頃からはの作品は、そのほとんどが弟子であるガエタノ・ガッタによって製作されたものであった。
 
スカランペラの楽器は、力強い音を持つものが多く、イタリア・モダン・メーカーの中でも、今日最も求められる楽器の一つとして評価されている。

写真:Violin made by SCARAMPELLA.Stefano.Mantua.1895-1900