■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

楽器・弓の辞典

SEARCH

半角英数字のみ/空欄可

Giuseppe Antonio Rocca

Violin Maker  1807-1865
TurinItaly

ジュゼッペ・ロッカは、1834年から1838年の間、トリノにてプレッセンダより技術を学んだ。1834年に独立し、1840年代中頃には師匠のプレッセンダ・モデルから完全に離れ、ストラディバリやガルネリ・デル・ジェスを基にしたモデルを用いた。
 
1840年代、50年代が、ジュゼッペ・ロッカの絶頂期であり、美的にも音響的に優れたバイオリンを製作した。ある時期から、かのルイージ・タリシオ(当時を代表するバイオリン・ディーラー、1827年にコツィオ・コレクションのほとんどを所有したことで有名)と面識を持つようになった。タリシオを通じて、名器中の名器、1716年のストラディバリ「メシア」と1742年のガルネリ・デル・ジェス「アラール」を知るようになると、この2つのモデルで多くのコピー楽器を製作した。これらの中にはアンティーク仕上げの楽器も多い。また、経済的な理由で、もともと虫食いのある材料など、質の悪い材料を用いて製作することも多かった。
 
1851年頃から、ジュゼッペ・ロッカはトリノとジェノバを行き来するようになり、1863年には完全にジェノバに移住した。彼は、酒、賭け事、女性が好きで、5回結婚するなど起伏に富んだ人生だったようである。1865年に溺死して波乱万丈の人生をおえるが、当時18歳であった最期の妻による陰謀であったという説もある。

写真:Violin made by ROCCA.Giuseppe.Turin