■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

楽器・弓の辞典

SEARCH

半角英数字のみ/空欄可

Dominico Montagnana

Violin Maker  1686-1750
VeniceItaly

ドミニコ・モンタニャーナは1701年頃、彼が15歳の時に、楽器製作の中心地・ベニスに移り住んだ。モンタニャーナはマッテオ・ゴフリラと面識があったが、マッテオ・セラスの工房で製作を学んだとされる。1712年になると独立し、自身の工房を開いた。
 
モンタニャーナの製作した初期のバイオリンは、流れる様なf字孔と高いアーチなど、当時流行のシュタイナーの影響が見て取れる。しかし、1730年頃よりモデルは大きく、アーチは平たく、全体的にイタリアンスタイルの様相を帯びる様になった。そうした後期のバイオリンはモンタニャーナの最も優れた作品の一つで、ソロ楽器として評価が高い。
 
しかし何と言っても、モンタニャーナ最大の功績はチェロであり、ストラディバリのそれに並ぶものと評価される。当時、チェロ製作の最先端であったベニスにて、ボディ・レングスを短く、幅をかなり広く取った設計を開発した。これらは独創的なデザインであっただけでなく、後にコンサートに耐えうる楽器として評価されていく。モンタニャーナのチェロは、ガルネリ・デル・ジェスのバイオリンの様に、ストラディバリの音質を保ちつつ、突き抜ける様な強い音を生み出すことができる。