■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

楽器・弓の辞典

SEARCH

半角英数字のみ/空欄可

Pietro Guarneri 'of Mantua'

Violin Maker  1655-1720
MantuaItaly

カーサ・ガルネリを興したアンドレア・ガルネリの長男であるピエトロ・ガルネリは、1670年頃に父親の下で製作を始めた。1680年初めにはクレモナを離れマントヴァに移った。そのため、彼の甥である同名の「ベニスのピーター」に対して、「マントヴァのピーター」として広く知られる。興味深いことに、彼はバイオリン製作者としてよりむしろ、ビオールとバイオリンの卓越した演奏者としてマントヴァへ移住した。マントヴァ宮廷での演奏に多くの時間を費やしたため、現存する作品は数が少ない。その大部分はバイオリンで、ビオラは一梃も知られておらず、チェロはたったの一梃である。
 
ピエトロは父親からアマティの流儀を継いだが、その父親アンドレアより細部の技術に長け、ガルネリ家に於いては珍しく、優美な外観を持つ楽器を製作した。装飾バイオリンも製作しており、ガルネリ・ファミリーの中でも最も優れた技術を持つだけでなく、アマティに匹敵する程の職人技を有していたと言える。後期の作品は、非常に美しい木材を用い、高いアーチで製作された。
 
残念なことに彼を継ぐ息子はなかったが、バレストリエリやカミッリを始めとする、後のマントヴァの製作家へ多大なる影響を与えた。