■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

楽器・弓の辞典

SEARCH

半角英数字のみ/空欄可

Matteo Goffriller

Violin Maker  1659-1742
VeniceItaly

マッテオ・ゴフリラーは、一般的にベニス派の始祖として考えられている。南チロル地方のブレッサノーネで生まれ、バイオリン製作をマッテオ・アルバーニに師事した。1685年にベニスへ移り、マルティン・カイザーに師事した。その翌年にカイザーの娘と結婚し、1690年までカイザーの事業を継ぐ事となった。
 
その後の25年間、ゴフリラーはベニスに於ける弦楽器製作を代表する者として他者の追随を許さず、18世紀のベニスに於ける製作家、D.モンタニャーナ、F.ゴベッティ、C.トノーニ、S.セラフィン、P.ガルネリらへ多大な影響を与えた。アルバーニから継いだと思われる深い赤色のニスは、ベニス派を代表する特徴の一つとなった。彼のチェロは非常に評価が高く、ストラディバリとモンタニャーナのそれに次ぐものといわれる程である。

写真:Cello made by GOFFRILLER.Matteo.Venice.ca1720