■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

楽器・弓の辞典

SEARCH

半角英数字のみ/空欄可

Francesco Gobetti

Violin Maker  1675-1723
VeniceItaly

フランチェスコ・ゴベッティは1699年にベニスへ渡り、ウディーネにて靴職人として商売を学びながら、独学でバイオリン製作を学んだ。ベニスに於ける主要な工房で雇われたという記録は無いものの、彼の作品に対するM.ゴフリラーの影響は明らかである。ゴベッティのモデルは広範囲に渡っているが、最も良く見られるのはJ.スタイナーとA.ストラディバリによるものである。
 
ゴベッティの初期作品は1705年頃にさかのぼり、それらはマッテオ・セラスによって販売されていたと考えられている。1717年に煩った重病のせいで、製作を続けられたのは1720年頃までであった様である。その頃、カルロ・トノーニとピエトロ・ガルネリがベニスに渡り、マッテオ・セラスの下で働く様になったのは偶然ではないだろう。