■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

楽器・弓の辞典

SEARCH

半角英数字のみ/空欄可

Giorgio Gatti

Violin Maker  1868-1936
TurinItaly

ジョルジオ・ガッティが誰から製作を学んだかについては詳しくわかっていない。彼は1890年にトリノを訪れていることから、フランチェスコ・ガダニーニやロマノ・リナルディ、エンリコ・マルケッティら当時のトリノ派の製作家より影響を受けたであろうが、その技術を見ると多くは独学によるものと考えられている。

モデルはトリノ派の巨匠であるプレッセンダをベースとした独自のスタイルで、最盛期は深く赤いオイルニスを頻繁に用いたが、1915年以降はより硬く明るい橙のニスも見受けられる。