■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

楽器・弓の辞典

SEARCH

半角英数字のみ/空欄可

Nicolaus Kittel

Bow Maker  1805-1868
St. PetersburgRussia

ニコラウス・キッテルは"ロシアのトルテ"と呼ばれる、サンクトペテルブルク出身の弓製作家である。

彼の存在について公式な記録は見つかっておらず、その詳細については未だ謎に包まれているが、フレデリック・ハーマンやハインリッヒ・クノッフらを雇い、トルテモデルを基にジャーマンスタイルを取り入れた「KITTEL」ブランドの弓を製作していたと考えられている。キッテル自身が作るモデルは、ヘッドが丸みを帯び、シャンファーは荒い作りであるのに対し、クノッフのものはヘッドが幾分角張った、なめらかな削りのシャンファーをもつという特徴が見て取れる。

キッテル工房において製作された弓自体に関する研究は実施されてきた。彼の伝記的な側面に関するさらなる調査が必要である。