■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

楽器・弓の辞典

SEARCH

半角英数字のみ/空欄可

Eugene Cuniot (Hury)

Bow Maker  1861-1910
MirecourtFrance

弓製作家ピエール・クニョの息子としてミルクールに生まれたユージン・クニョ(通称クニョ・ユーリ)は、父親からバザン・スタイルの製作技術を学んだ。1884年に父親が亡くなると工房を継ぎ、バザンの特徴をもつフロッグとボタンに、彼独自の力強いヘッドを組み合わせた弓を作った。

当時のミルクールの弓製作は、ニコラ・バザンを筆頭に世界から高く評価されており、その需要も高まる一方であった。1901年頃からはクニョもフランソワ・ウーシャを含む職人をアシスタントとして雇用するようになった。クニョ工房では、各職人が採用する製作スタイルに関して基準が設けられなかったため、様々な特徴をもつ弓が多く作られた。スタンプは「CUNIOT HURY」「C.H.」。スタンプ無しで納められた弓も多く存在する。

彼が1910年に亡くなると、アシスタントであったフランソワ・ウーシャが工房を継ぎ、その息子オーグスト・ウーシャやA.リショーム、F.ロッテ、G.バルジョネら次世代の職人へとその伝統が受け継がれていく。