■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

楽器・弓の辞典

SEARCH

半角英数字のみ/空欄可

Johannes Theodorus Cuypers

Violin Maker  1724-1808
HagueNetherlands

ヨハネス・カイパースは1742年にオランダ・ハーグに生まれた。どのように製作を学んだかについて詳細は不明のままだが、ある専門家は当時ハーグに住んだフランス人製作家よりフレンチ流儀を習得したのではと推測している。その後、ストラディバリやガリアーノら著名メーカーたちに影響されながら、除々に独自性をもつ楽器を製作するようになった。

スクロールは縦に長く大振りなデザインで、洗練さに欠けているものが多い。ニスはくすんだ冷たい黄色のものが塗られている。良質な木材を多くストックしており、表板はスプルースの1枚板を、裏板はメープルのスラブカット(板目取り)を好んで用いた。

20代から40代までは独りで製作を行っていたために楽器の本数は非常に少ないが、1785年以降は2人の息子と共同製作を行うことで、多くの楽器を残した。