■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

楽器・弓の辞典

SEARCH

半角英数字のみ/空欄可

Gaetano Sgarabotto

Violin Maker  1878-1959
Milan, Vicenza, Parma, BresciaItaly


ガエタノ・スガラボットはヴィツェンツァで生まれ、独学で製作を学んだ。1893年にミラノのリッカルド・アントニアッツィ及びレアンドロ・ビジャッキの下で働くようになったが、1905年にヴィツェンツァへ戻った。1926年にはパルマへ渡り、パルマ製作学校で教鞭を執った。その後一時的にブレシアで働いたもののすぐにパルマへ戻り、その地で生涯を閉じた。

彼の仕事は正確で美しく、その多くはビジャッキ工房向けに作られた。アマティやストラディバリなどのクレモナ型を多く採用する一方で、テストーレやグランチーノなどのミラノ派の製作かを含む多くのオールド楽器の素晴らしいコピーも製作した。

典型的なニスは明るい橙茶色が薄く塗られているものだが、オールド楽器のコピーはその限りではなく、様々な色がやや厚めに塗られているものも多い。