■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

楽器・弓の辞典

SEARCH

半角英数字のみ/空欄可

Bernardo Calcagni

Violin Maker  c.1710-1750
GenoaItaly

ベルナルド・カルカーニは18世紀のジェノバ派の始祖であるとされている。17世紀後半にジェノバで活動していたドイツ・フュッセン出身の製作者の弟子であったと考えられている。
 
彼の作品はイタリアンであることが明らかであるものの、同時代のクレモナ派の繊細さとも、ベニス派の美しさとも違う。これはジェノバの地理が一つの要因として挙げられる。というのも、ベニス派の製作者はバルカン半島から到着する木材から良質なものを選別していた一方で、ジェノバ派はその残り物で間に合わせざるを得なかったのである。
 
カルカーニはアントニオ・パツァリーニと共同製作を行っていたが、彼らの連名による楽器はその多くが品質で劣っていた。その後ジェノバでは数多くの製作者が活動していたようだが、カルカーニの弟子であったと考えられているのは、1732年から1747年にかけてジェノバで製作を行ったジュゼッペ・カバレリただ一人である。