■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

楽器・弓の辞典

SEARCH

半角英数字のみ/空欄可

Charles Nicolas Bazin

Bow Maker  1847-1915
MirecourtFrance

ミレクールの弓製作家であったフランソワ・ザビエル・バザンの息子、シャルル・ニコラ・バザンは、コレラにより父親が亡くなる以前の1859年に工房を継いだ。当時彼は弱冠18歳であったが、父親の指導から豊富な経験を積んでおり、工房は彼の統率により繁盛し、ジョセフ・エルやコラン・メザンを始め、パリの多くの工房へ弓を納めた。
 
彼は父親が用いたペカットモデルから製作を始めたが、1860年代当時の多くの製作家が採用し始めたのは、より丸みを帯びたヴォアラン・モデルであり、彼も例外でなかった。フロッグはしばしばヴィヨーム・スタイルを採用した。1880年からはヘッドは薄く、ベル型の形状へ、フロッグは通常のスタイルへとわずかながら変化が見られる。
 
40年以上に渡り、バザンの工房はミレクールの優れた職人を雇い、何千本もの高品質な弓を生産した。1907年に彼が引退すると、息子のシャルル・ルイが工房を継いだ。
 
スタンプは「Francois BAZIN」「Bazin」「C.Bazin」を用いた。